短期アルバイトのマナー

短期アルバイトだけに言えることではありませんが、やはり社会にでて働くのですからマナーがあります。

とくに急な用事などでアルバイトを休む時です。もちろん仕事に行けなくなったと分かったらすぐに、アルバイト先に連絡を入れるのが普通です。しかし短期アルバイトや単発の仕事だと、もう関わることのない会社だからといって何の連絡も入れない人がいるようです。

休む本人はそれでもいいかもしれませんが、会社側からしたらそんな勝手な話はありません。短期や単発の1回きりの仕事でも、責任を持って行うべきでしょう。派遣の仕事でそのような急なキャンセルで連絡を入れなかったりしたら、勤務履歴というものが残ってしまいます。次から仕事を貰えなくなってしまうこともよくあるので、連絡はしっかりと入れるようにしましょう。

仕事を休む理由は急な用事だけではありません。風邪などをひいてしまって仕事に行けなくなることも十分ありえます。体の具合が悪い時は仕方のないことですから、できる限り早めに会社に連絡を入れましょう。会社でもその人の代わりの人を探さないといけませんから、なるべく早く連絡が欲しいでしょう。

当日になってのキャンセルは仕方のないこともありますが、何度も何度も行わないようにしましょう。本人は悪くなくても、急にキャンセルされるとイメージも悪くなってしまいがちです。同じ仕事をしている仲間がいればその人に代役を頼んだり、自分で代わりの人間を探すことも大切でしょう。